※定休日のお知らせ※ 8月より毎週月曜日が定休日となります。

『患者さんの疑問』二日酔いしないには?

院長大谷が患者さんの疑問にお答えします

二日酔いにならない方法

①飲みすぎない

二日酔いにならないためには、まずお酒を飲みすぎないことです。人によってお酒が飲める容量は違います。
厚生労働省が推進する国民健康づくり運動『健康日本21』によると適度な飲酒量は1日平均純アルコールで約20g程度であるとされています。

『純アルコール20gに相当する酒量』

  1. ビール   :ロング缶1本(500㎖)
  2. 日本酒   :1合(180㎖)
  3. ウイスキー :ダブル1杯(60㎖)
  4. 焼酎    :グラス1/2(100㎖)
  5. ワイン   :グラス2杯(200㎖)
  6. チューハイ :缶1本(350㎖)

お酒の種類・度数で飲める量が変わってきます。
毎日これ以上のお酒を飲み続けている人は今は大丈夫でも後々来るかもしれませんので注意しておきましょうね。

②十分な水分をとる

お酒を飲むときはしっかり水分補給を。
目安は飲んだお酒の量と同じく、もしくはそれ以上のお水を飲みましょう。
お水をしっかり取らないと身体は脱水になりやすくなります。脱水してしまうとアルコールの分解もうまくできなくなり、
翌日にも影響がでてきます。

③アミノ酸の摂取

飲んだ後はアミノ酸を入れておくと二日酔いになりにくいです。
代表的なものだとしじみの味噌汁などがそうですね。

シジミは、たんぱく質食品で、必須アミノ酸のメチオニンをはじめ、シスチン、システイン、タウリンなどのアミノ酸が豊富に含まれており、肝臓の働きを支えるてくれます。また、ビタミンB2も含むため、肝臓の解毒作用を助けたり、胃の粘膜を構成する細胞を再生、保護したりする働きがあります。ミネラルでは、造血作用のある鉄、亜鉛、銅などが多く、血液の健康を維持し、肝臓の働きを円滑にしてくれます。さらに、カルシウムが多いのも特徴で、カルシウムはアルコール分解酵素など酵素の働きに関わっています。

④ちゃんと寝る

アルコールを飲むことで睡眠の導入は早くなるが、寝ている間にアルコールの分解をすることで睡眠が浅くなります。なので、早めに寝るように心がけましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったら、Bianca目黒鍼灸サロン 横浜関内をシェアしてね!