※定休日のお知らせ※ 8月より毎週月曜日が定休日となります。

首肩こりを感じるシチュエーションと原因について

今回は国民病とも呼ばれるほど日本人であれば誰もが経験したことのある『首肩こり』の原因について
まとめていきたいと思います。ちなみに30代から50代女性の9割は自覚的に『首肩こり』を感じているようです。
これを読んでいるあなたはいかがでしょうか?

目次

首肩こりを感じるシチュエーション

・長時間座っている時
・疲労困憊の時
・冷えを強く感じる時
・過剰なストレスを感じた時

普段から首肩こりを感じる人は自分が何をしている時に多いのか一度考えてください。
自分が何気なくやっていることが首肩こりの原因になっている場合もあります。
例えば、長時間座っている時に感じるのであれば、小まめに立ったり身体を動かすなどをすればいいです。
疲労困憊なら休めばいいです。冷えなら温めればいいです。ストレスなら好きなことをして発散すればいいです。
やろうと思えば大体はやれることです。ちょっとしたことを怠ることでそれが積み重なり蓄積して首肩こりになっちゃいます。なので、改めてどんな時に首肩こりを感じるのか確認してみましょう。

首肩こりの具体的な原因

・血行不良
・筋肉の緊張
・運動不足
・姿勢不良
・精神的疲労

首肩こりの原因は上記のように沢山あります。これら以外の原因もあると考えられます。
そして、一つ一つの原因が単体で作用しているわけではなく、複合的に複雑に作用しています。
例えば、ストレス+運動不足+姿勢不良で首肩こりになります。
ストレスでは筋肉の緊張が起き、運動不足では関節可動域の低下、筋肉の緊張、代謝の低下
姿勢不良では一部筋肉の負担が強くなります。これらの原因を取り除くことができれば
首肩こりは軽減させることが可能になります。

原因を取り除くものとして『運動』が一番効果的だと考えられます。
運動は基本的になんでもかまいません。
お手頃のものですと、筋トレやピラテス、ジョギング、ランニングなどが良いですね。
運動をすることで、普段使っていない筋肉に刺激を与えて、血流を促進してくれます。
さらに、関節の可動域も広がり自律神経も整えてくれます。
運動習慣のない人で首肩こりでお悩みなら身体を動かしましょう。

よくある質問について

お問い合わせについて

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったら、Bianca目黒鍼灸サロン 横浜関内をシェアしてね!
目次
閉じる