※定休日のお知らせ※ 8月より毎週月曜日が定休日となります。

『患者さんの疑問』糖質で老化するの?

院長大谷が患者さんの疑問にお答えします

糖質は老化を加速させる!?

今回は糖質による老化についてです。
僕らの身体の中では糖質をとりすぎると余った糖質でタンパク質や脂質と混ざり変性を起こします。
変性することで「糖化」がおき、化学反応で組織の炎症がおきます。
組織の炎症により細胞が傷つき劣化していきます。
細胞の劣化が起きることで肌トラブルにつながります。
この肌トラブルが「しわ、しみ、たるみ」などを作り、いわゆる「老化」が加速します。

つまり、「糖化」することで「老化」が加速します。

糖化が老化を加速させている

糖化とは

糖化とは食事でとりすぎた糖分がタンパク質や脂質と結びついて細胞を劣化させる現象になります。(AGEs)
体内では炎症反応が起きているので、「身体の焦げ」と表現することもあります。

「身体の焦げ」と言われてもイメージがつきにくいかもしれません。
もともと「糖化」は発見した人の名前をとって、メイラード反応とも呼ばれます。
このメイラード反応はホットケーキなどの甘いお菓子を作るときにも起きています。
ホットケーキを作るときに褐色に焼けている部分は糖化の一例になります。
ホットケーキに含まれる砂糖などの「糖質」と卵や牛乳などの「タンパク質」「脂質」が混ざり、
熱刺激により表面が焦げている現象=「糖化」になります。
これはお菓子だから美味しく見えるので良いのですが、同じことが人間の身体の中でも起きています。

糖化=焦げる → 老化の加速 → しわ、しみ、たるみ、くすみ

なんで糖化するのか

急激な血糖値の上昇が原因だと考えられます。
ジャンクフードのようなハイカロリーなものやお菓子、アイスをよく食べる人や早食いな人、暴飲暴食をしてしまう人は
血糖値が急激に上がりやすいので要注意です。
糖化を防ぐには食後の血糖値の上昇を緩やかにできれば良いです。
なので、食事内容を見直すと良いですね。

血糖値をコントロールする方法

糖化の原因は急激な血糖値の上昇

糖化を抑えるためには血糖値の急上昇をさせないようにすることです。
そのためにやれることを下記に記述していきます。

  • 主食のGI値を下げる
    GI値が高いものは血糖値が上がりやすい食べ物です。
    例えば食パン(89)なので全粒粉のパン(62)に、白米(75)なので玄米(66)に置き換えると良いです。
  • 副菜→主菜→主食の順番で食べる
    食物繊維から食べることで吸収が緩やかになります。
  • 30回ほど良く噛む
  • 適度に水分補給をする
  • 食後、よこにならない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったら、Bianca目黒鍼灸サロン 横浜関内をシェアしてね!